What is ICPS (Japanese)

ICPSは何であるか? 国際脳性まひ協会(ICPS)は国際機関です。(そこには、約140人のメンバーが56の国にいます) 本部は、1969年に英国に設立されました。メンバーの中に、脳性まひに対処している約35の国立障害機関と親の団体、15の団体か他の専門家団体がある。残りのメンバーは、脳性まひへの関心をもっている個人です。


脳性まひを持つ人たちと家族に対するサービスや社会的受容、発達の考え方は、多くの国で大幅に進歩をしましたが、未だ遅れているやスタート位置に達しさえいない国々もあります。そのため能力レベル理解、発達の考え方は、国によって大変異なります。 また発達支援に関する決まった方法や結果は予測できるものではありません。 しかし、ICPSには会員のために専門的技術のようなユニークな世界的資産があります。それらに対しては、ほとんどどんな状況でも教えて、助けることを要求できます。

理事はICPSの仕事を発展させる方法に関して議論し、 最も緊急の仕事が、ウェブサイトを更新させることであることに同意されました。それらをより有益で、魅力的であるものにしたいと思います。 私たちは、世界中の国々でおこなわれる脳性まひに関する会議等の日程を掲載することを望んでいます。 また、私たちが私たちのサイトのすべての会員団体のウェブサイトへのリンクを作ることを願っています。 現在、それに向けて作業をしており、できるだけ早く新しいサイトを持つことを願っています。 そのことが、世界中の専門的技術を変えるために最も効果的な道であり、絶えず時代について行かせるためにはパートナーであるメンバーの協力が必要です。

ICPSの仕事の非常に重要な1つの部分はセミナーです。ICPSが共同でセミナーを開催でしたがっていると国は書いています。ICPSは、いつも彼らが、どんな問題について議論したがっているか、そしてミーティングで何を達成することを望んでいるかを組織者に尋ねます。したがって、ICPS支援はそれらがすごい興味関心事の対象であるので、参加するために適切なスピーカー/専門家を示すことができるので、内容は招致国によって選ばれています。通常ICPSは必要である招致国の支持できる申し出や要請によって引き受けられ、アドバイスと専門的技術を提供いたします。 国/機構が助けを求めてICPSにアプローチした場所は、世界のいろいろな地域です。 招致国は、ニーズを特定して、それらの問題を考え解決出来るよう頼みます。 ICPSは答えを知らないが、プロジェクトを一緒に計画し、前に座り、聴き、見る、学ことが重要であると常に思っています。 そのように異なった国で状況を助けるために実り多いプロジェクトを開発することは可能です。

ICPSヨーロッパ機構のメンバーはCP-ECAと呼ばれる連合を形成しています。 それはEDF(ヨーロッパの障害フォーラム)の活動メンバーでもあります。 それはヨーロッパの障害政策のフィールドで働くことを意味しています。 議論では重度の障害を持っている人々についても考えニーズを保つことは、非常に重要であります。脳性まひを持っている ヴァレリー・ラング女史はイギリスのCP-ECA代表とEDFの委員であります。

ICPSは、脳性まひに伴う権利と厚生を促進するために設立されています。脳性まひをもっている人々、両親、および専門家が専門的技術を交換・共有し、脳性まひの予防研究に関するすべての分野で新しい開発を奨励、協力、理解、および情報交換を促進するためにネットワークを提供します。 世界的な機構を持っているのは、新しい専門的技術を開発して、それぞれ共有するために重要であります。 また私たちがそれぞれのサービスが他のものとどうアレンジされたかを聞くことができるのも、重要である。ICPS は脳性まひを持つ他の国の人びと、特に発展途上国の人達を助けることができます。 この仕事では、みんな協力が必要です。

脳性まひを持つ人たちと家族に対するサービスや社会的受容、発達の考え方は、多くの国で大幅に進歩をしましたが、未だ遅れているやスタート位置に達しさえいない国々もあります。そのため能力レベル理解、発達の考え方は、国によって大変異なります。 また発達支援に関する決まった方法や結果は予測できるものではありません。 しかし、ICPSには会員のために専門的技術のようなユニークな世界的資産があります。それらに対しては、ほとんどどんな状況でも教えて、助けることを要求できます。

理事はICPSの仕事を発展させる方法に関して議論し、 最も緊急の仕事が、ウェブサイトを更新させることであることに同意されました。それらをより有益で、魅力的であるものにしたいと思います。 私たちは、世界中の国々でおこなわれる脳性まひに関する会議等の日程を掲載することを望んでいます。 また、私たちが私たちのサイトのすべての会員団体のウェブサイトへのリンクを作ることを願っています。 現在、それに向けて作業をしており、できるだけ早く新しいサイトを持つことを願っています。 そのことが、世界中の専門的技術を変えるために最も効果的な道であり、絶えず時代について行かせるためにはパートナーであるメンバーの協力が必要です。

ICPSの仕事の非常に重要な1つの部分はセミナーです。ICPSが共同でセミナーを開催でしたがっていると国は書いています。ICPSは、いつも彼らが、どんな問題について議論したがっているか、そしてミーティングで何を達成することを望んでいるかを組織者に尋ねます。したがって、ICPS支援はそれらがすごい興味関心事の対象であるので、参加するために適切なスピーカー/専門家を示すことができるので、内容は招致国によって選ばれています。通常ICPSは必要である招致国の支持できる申し出や要請によって引き受けられ、アドバイスと専門的技術を提供いたします。 国/機構が助けを求めてICPSにアプローチした場所は、世界のいろいろな地域です。 招致国は、ニーズを特定して、それらの問題を考え解決出来るよう頼みます。 ICPSは答えを知らないが、プロジェクトを一緒に計画し、前に座り、聴き、見る、学ことが重要であると常に思っています。 そのように異なった国で状況を助けるために実り多いプロジェクトを開発することは可能です。

ICPSヨーロッパ機構のメンバーはCP-ECAと呼ばれる連合を形成しています。 それはEDF(ヨーロッパの障害フォーラム)の活動メンバーでもあります。 それはヨーロッパの障害政策のフィールドで働くことを意味しています。 議論では重度の障害を持っている人々についても考えニーズを保つことは、非常に重要であります。脳性まひを持っている ヴァレリー・ラング女史はイギリスのCP-ECA代表とEDFの委員であります。

ICPSは、脳性まひに伴う権利と厚生を促進するために設立されています。脳性まひをもっている人々、両親、および専門家が専門的技術を交換・共有し、脳性まひの予防研究に関するすべての分野で新しい開発を奨励、協力、理解、および情報交換を促進するためにネットワークを提供します。 世界的な機構を持っているのは、新しい専門的技術を開発して、それぞれ共有するために重要であります。 また私たちがそれぞれのサービスが他のものとどうアレンジされたかを聞くことができるのも、重要である。ICPS は脳性まひを持つ他の国の人びと、特に発展途上国の人達を助けることができます。 この仕事では、みんな協力が必要です。

We use cookies to ensure that you have the best experience on our website. If you continue browsing, we’ll assume that you are happy to receive all our cookies. You can change your cookie settings at any time.   Close